コレステロールと食事の関係


コレステロールが気になると言う理由でダイエットをしたり、食事を制限している人を見かけます。
コレステロールとはどんな物体で、体にどのような作用を及ぼしているのでしょうか。コレステロールの値は、健康診断で血液採取をした時などに計測されます。コレステロールとは生体に不可欠な役割を果たす脂質で、食べ物を介して体内に取り入れることができるものです。コレステロールと聞くといわゆる悪玉コレステロールに代表されるように、体に悪いものというイメージがあるでしょう。
脳や視神経など重要に部位にある存在している成分で、細胞膜を作る機能などがあります。
コレステロールは、日頃の食材からこまめに取り入れることが大事です。脂質の一種のため、あまり過剰になると健康に悪影響を及ぼすことがあります。コレステロールの多い食事を続けたために、高脂血症になっている可能性もあります。脂質過多の食事を続けていると、血管の流れが滞ってしまうこともあります。一般的にコレステロールは脂っこい食事や卵、魚卵といったものを多く摂ると、摂取量が増える傾向があります。
何でも程ほどが丁度いい。バランスよくね。。食事を利用することで両者のバランスが整えられます。






(C)コレステロールと食事の関係


何でも程ほどが丁度いい。バランスよくね。